本文へスキップ

日本産業ストレス学会とは 

日本産業ストレス学会とは

日本産業ストレス学会の沿革
 日本産業ストレス学会は、産業ストレスに関する研究の推進、現場における対策の普及、情報提供および関係者の交流の場として1993年に設立されました。 これまで、齋藤和雄理事長(1993-2001年度)、永田頌史理事長(2002〜2008年度)、および夏目誠理事長(2009〜2014年度年)の下、わが国において 産業ストレスの研究をリードする学会としての発展をとげてきました。平成29年度の正会員は862人で、教育研究者、医師(臨床医、産業医等)、産業看護職(保健師、看護師)、 心理職、精神保健福祉士、社会保険労務士、人事・労務担当者などさまざまな立場・職種の会員が参加しています。年次大会、研修会・研究法講座を開催し、 機関誌「産業ストレス研究」年4回(大会抄録集号を含む)の発行し、さらに産業ストレス対策の好事例の収集を行い、学会活動の成果を社会に発信しています。
産業ストレスの課題と本学会の活動
 働き方改革、ストレスチェック制度などの新しい政策・制度の導入、情報通信技術による次世代の生産革命(Society 5.0) に向けて変化する社会の中で、産業ストレスに関する課題は多岐にわたります。本学会は、産業ストレスに関連する多様な課題について研究を推進し、 実践活動を支援することで、働く人の健康と幸福および社会の発展に貢献します。
 平成29-31年度の理事長には川上憲人(東京大学)が引きつづき再任されました。理事長としての二期目になる次の3年間に、特に以下の項目に力を入れて活動してまいります。
  1. 産業ストレスに関する研究の推進と国際連携を継続する
  2. ストレスチェック制度、働き方改革などに関して現場に向けての情報提供を一層強化する
  3. 産業ストレス診療の研究・実践の推進を戦略的に行う
  4. 職場におけるポジティブメンタルへルスの研究と実践の支援を拡大する
  5. 産業ストレス研究・対策の未来像について発信する
学会員および学会員以外の皆様へ
 日本産業ストレス学会は、産業ストレスを軸に、ポジティブメンタルヘルス、第一次予防から診療までを研究し、その対策を学ぶ広く場を提供しています。 本学会にさまざまな職種・立場の方が集まり、研究成果と現場の好事例を共有し、意見を交わし共に学び合うことが、産業ストレスの対策を通じて、 全ての働く人とその家族の健康と幸福を実現し、企業・組織、社会をよりよいものにしてゆくために大事であると考えています。 会員の皆様には引き続き学会活動にご協力をよろしくお願い申し上げます。またまだ会員でない方には、ぜひ本学会にご入会いただき、深い学びと発信の場にしていただければと思います。
 日本産業ストレス学会は、学会員1000人達成を目指して努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
平成30年1月
日本産業ストレス学会
理事長 川上 憲人

日本産業ストレス学会

〒113-0033
東京都文京区本郷4-1-5石渡ビル5F
株式会社アクセライト内

TEL 03-6801-5106
電話対応時間帯:
月〜金 9:30-18:00