本文へスキップ

メンタルヘルス対策好事例集 

日本産業ストレス学会メンタルヘルス対策好事例

 日本産業ストレス学会では、メンタルヘルス対策の展開の全国的な活性化のため、働く人のメンタルヘルスを向上させる取り組み事例を集め、ホームページや学会機関誌で紹介します。
 
現在、以下の事例が良好事例と選定されました。 事業所の対策を計画し運用していくうえで、参考にしていただけますと幸いです。
 詳細のアイコンをクリックすると事例の内容を閲覧できます。「業種」と「事業場(職場)規模」、「SC制度との関連」はソートが可能です。(※SC制度:ストレスチェック制度)

タイトル
:投稿者所属(掲載年月)
詳細 業種 事業場
(職場)規模
SC制度
との関連
委員からの
コメント
New職場でのマインドフルネスプログラムの実施可能性及び有効性の探索的検討―1日の1%で心身を養う試み―
:アストラゼネカ株式会社(2016年7月)
医療福祉業 1000人以上 実施後の個人への対応 コメント
New「人と組織の活性化」に向けた取り組み
:パナソニック東京汐留ビル健康管理室(2016年7月)
営業 50人未満 ストレスチェックと関係しない教育研修 コメント
児童養護施設における職場環境づくり
:一般社団法人名古屋EAPコンサルタント協会/ながら心理相談室、児童養護施設美谷学園(2016年1月)
医療福祉業 50人未満 実施後の組織への対応 コメント
メンタルヘルスサポーター体制の創設
:東海旅客鉄道株式会社健康管理センター(2016年1月)
運輸業 50人未満 実施後の組織への対応 コメント
明るく活き活きとした職場づくり
:東海旅客鉄道株式会社健康管理センター(2016年1月)
運輸業 50〜299人 実施後の組織への対応 コメント


日本産業ストレス学会メンタルヘルス対策好事例収集ワーキンググループ
事例募集要項

概要
 メンタルヘルス対策の展開の全国的な活性化のため、働く人のメンタルヘルスを向上させる取り組み事例を集め、ホームページや学会機関誌で紹介します。主にはストレスチェックの計画・運用、事後対応の実施に関して、現場の実務者が参考にできる事例を前提としていますが、ストレスチェック関連以外の取り組みでも構いません。いずれにしても、現場での実践事例をご紹介ください。組織の単位(事業所・職場など)は問いません。良好事例に選定されたものには委員からのコメントが掲載されます。
 なお、募集項目に記載しています「ストレスチェック」は、今年度の改正労働安全衛生法の内容に則ったものでなくて結構ですが、法改正後の対応にも活かせるような記述をお願いします。

  1. 目的
     全国で取り組まれているメンタルヘルス対策、特にストレスチェックの計画・運用、事後対応の実施に関して、良好事例を収集・整理し、取り組みの優れた点や他事業所でも活用できるポイントを明確にして公開することを通して、全国の事業所における施策展開のさらなる活性化を図ることを目的とします。

  2. 項目
    1. 投稿日
    2. 投稿者の名前、所属、職種
    3. 対象事業所の業種、従業員数、(わかる場合)平均年齢
    4. カテゴリ(SCの実施/SC後対応(対個人)・教育研修/SC後対応(対組織)・職場環境改善/その他(SCと関連しない教育研修、復職支援など、中小企業ならでは))
    5. タイトル
    6. 対策関係者(産業保健スタッフ、専門職、人事労務担当等)の構成
    7. 対策の対象
    8. 背景とこれまで行った対策、課題
    9. 対策の目的
    10. 対策内容と期間(できるだけ写真、図表、イラストを加える)
    11. 対策の結果(できるだけ、プロセス評価(=実行に関する評価)およびアウトカム評価(=結果指標に関する評価)を記載)
    12. 良かったと思う点(対策のポイント)と今後に向けた課題点
    13. 参考資料(あれば)

  3. 分量
     A4判サイズ二枚程度

  4. 募集期間
     随時募集中(2016年〜)
    ※第一回募集(2015年9月上旬〜10月)では、3件の良好事例が選定されました。
     投稿者の皆様には御礼申し上げます。

  5. 公開方法
     収集事例の中から良好事例を選定後、学会ホームページおよび機関誌に公開します。
    ※各事業所において、事業者の了承を得る必要があれば、所定の手続きを経てください。

  6. 投稿方法
     投稿フォーマットをダウンロードし、内容を記載後に募集期間内に下記投稿先へEmailまたは郵送にてご連絡ください。
    ※投稿フォーマットはこちら

  7. 投稿先・お問い合わせ先
     日本産業ストレス学会事務局
     Email:jajsr-office@accelight.co.jp
     住所:〒113-0033東京都文京区本郷4-1-5 石渡ビル5F 
          株式会社アクセライト内
     TEL:03-6801-5106 FAX:03-6801-6091
                                 以上

日本産業ストレス学会

〒113-0033
東京都文京区本郷4-1-5石渡ビル5F
株式会社アクセライト内

TEL 03-6801-5106
電話対応時間帯:
月〜金 9:30-18:00