本文へスキップ

第27回日本産業ストレス学会開催報告 

第27回日本産業ストレス学会
「産業ストレスと法〜多職種の共働による予防法務の確立に向けて〜」
日程:2019年 11月 29日(金)〜 30日(土)


**************************************************  
 先日、第27回産業ストレス学会〜統一テーマ:産業ストレスと法〜が無事に終了しました。
 お陰様で、来場者は1,350名以上に達しました。法に使われるのではなく、法を上手に使い、さまざまな職種の知恵を借りて、問題解決を図る〜そのため、個人も組織も良い意 味で自分本位を追求する〜というコンセプトは、好意的に受け止めて頂けたように思います。新設 学会の設立準備に協力してくれている法学者も何名か参加し、大いに関心を深めてくれましたし、産業保健の専門家と社労士・弁護士らの交流も進みました。
  大変なマンパワーを投入し、ボランティアで大会運営を支えて下さった日本予防医学協会様、副大会長の岩根先生、長見先生、前大会長の種市先生には本当にお世話になりま した。前々大会長の西先生にも、資金面から打ち上げの開催に至るまで、諸々お世話になりまし た。理事長の川上先生、副理事長の神山先生にも、ご指導とご支援を賜りました。大阪府社労士会に は約100名の会員の動員を頂き、後援団体には、大会周知に親身なご協力を頂きました。また、実 行委員、会場スタッフを買って下さった方々にも深く感謝申し上げます。そして何より、座長・演 者の方々には、大変なご準備を頂きました。
  今年の暮れには、産業保健法学会が発足する予定です。
  この大会が、産業保健と法律論の対話の文脈の出発点となるよう、私自 身、引き続き尽力しますので、引き続き、ご助力を賜れれば幸いです。

第27回産業ストレス学会 大会長 三柴 丈典
********************************************* *****

学会誌『産業ストレス研究』の紹介に戻る

日本産業ストレス学会

〒113-0033
東京都文京区本郷4-1-5石渡ビル5F
株式会社アクセライト内

TEL 03-6801-5106
電話対応時間帯:
月〜金 9:30-18:00